山口利昭法律事務所

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目5番12号 大阪堂島大山ビル301 

山口利昭法律事務所 イメージ画像
上場企業のコンプライアンス経営支援業務を取り扱っています。スピード経営、リスク管理、透明性ある経営の調和を目指し、走りながら考えるコンプライアンス経営の実現をお手伝いいたします。

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目5番12号   大阪堂島大山ビル301  弁護士 山口 利昭
TEL06-6367-5381 FAX06-6367-5382
toshi@yamaguchi-law-office.com

更新情報

日本監査役協会におきまして、「親子会社間の情報共有体制の整備と運用 -監査役監査における内部通報制度の活用を中心として」と題する講演をさせていただきました(10月16日 大阪堂島ホテル、同27日 名古屋ガーデンパレス、同29日 JR博多シティホール)

日本監査役協会「月刊監査役」2015年7月号におきまして、「事例から学ぶ改正会社法、コーポレートガバナンス・コード下での監査役監査」と題する論稿を掲載していただきました。昨今の企業不祥事や有事対応などを題材として、監査役のベストプラクティスを検討いただくもので
『月刊監査役7月号に論稿を掲載いただきました。』の画像

昨年1年間(本年3月まで)、消費者庁アドバイザーとして公益通報者保護制度の改革の是非を検討する有識者意見聴取に携わりましたが、このたび消費者庁では「公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会」を開催することになり、当職も改めてこの検討会の委員を拝命す

日本監査役協会におきまして「監査役の平時対応(有事のための環境整備)」と題する講演をさせていただきました。(5月25日 名古屋ミッドランドスクウェア、同27日 大阪堂島ホテル 同29日 JAL博多シティ会議室)

当職が執筆を担当した「会社法罰則の検証~会社法と刑事法のクロスオーバー」(山田泰弘・伊東研祐編 日本評論社)が出版されました。第4編(会社の規律方法の重層化と刑事法によるエンフォース)第2章「企業コンプライアンスと刑事罰のエンフォースメント」の論稿を担当し
『当職が執筆を担当した「会社法罰則の検証」が出版されました。』の画像

宣伝会議社「月刊広報会議」2015年6月号に「食品表示に関する新法が施行、全社一丸の広報体制を構築せよ」と題する論稿を掲載いただきました。今月号が最終回です。1年回、ご愛読いただいた皆様、ありがとうございました。
『月刊広報会議6月号に論稿を掲載していただきました。』の画像

↑このページのトップヘ