山口利昭法律事務所

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目5番12号 和光ホームズ堂島ビル301 

山口利昭法律事務所 イメージ画像
上場企業のコンプライアンス経営支援業務を取り扱っています。スピード経営、リスク管理、透明性ある経営の調和を目指し、走りながら考えるコンプライアンス経営の実現をお手伝いいたします。

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目5番12号   和光ホームズ堂島ビル301  弁護士 山口 利昭
TEL06-6367-5381 FAX06-6367-5382
toshi@yamaguchi-law-office.com

更新情報

有斐閣「ジュリスト」2022年3月号の特集「コンプライアンスの最前線」におきまして「不祥事に向き合う企業姿勢-ガバナンスと内部統制の視点」と題する論稿を掲載していただきました。全国書店にて2月25日より発売されておりますので、ご興味がございましたらぜひご一読くだ
『有斐閣「ジュリスト」2022年3月号に拙稿を掲載していただきました。』の画像

日本経済新聞「企業が選ぶ弁護士ランキング2021」危機管理部門において3位に選出していただきました(日経電子版のほうは企業+弁護士によるランキングで危機管理部門4位)。投票いただいた皆様に厚く感謝申し上げます(本当にありがとうございました!)。

週刊金融財政事情10月5日号におきまして「不祥事調査で脚光を浴びるデジタルフォレンジックス調査の光と影」と題する論稿を掲載していただきました。企業不祥事が発生した場合にDF調査が「魔法の杖」のように扱われるケースが多いのですが、実はAIと人間の協働作業であり
『金融財政事情に「デジタルフォレンジックス調査」に関する論稿を掲載していただきました』の画像

大阪府下では、3回目の緊急事態宣言が発令される見込みとなりました。これに伴い、当事務所は事務職においてテレワークの導入を再開することといたしました。事務所の電話がつながりにくくなることも予想されますので、電話がつながりにくい場合には、当事務所へのご連絡に

週刊金融財政事情の最新号(2021年4月20日号)に「日本郵政の検証報告書から読み解く内部通報制度の重要性」と題する論稿を掲載していただきました。全国書店にて発売中なので、ご興味がございましたらご一読くださいませ。
『週刊金融財政事情に論稿を掲載していただきました。』の画像

↑このページのトップヘ